So-net無料ブログ作成
検索選択
GRAPHITE DESIGN ブログトップ

グラファイトデザインプレゼンツ2013年ナカザワジム走り納め2時間耐久レース! [GRAPHITE DESIGN]

12月29日は秩父ミューズパーク内グラファイトデザインテストトレイル(GDTT)にて、グラファイトデザインプレゼンツ2013年ナカザワジム走り納め2時間耐久レース。・・・でMAVICもよろしく!を開催しました!

13.12.29 01.jpg
昨年は土砂降りの中、さがみ湖プレジャーフォレストで開催した走り納め耐久レースですが、今年はグラファイトデザイン様の協力のもと、レースを開催できました。ありがとうございます。
また昨年同様MAVIC様にもテストホイールブースを出していただき、こちらもありがとうございます。
もちろん、両社スタッフの皆様もガッツリ走っていただいたのはいうまでもありません!
写真ハギワラさん


今回の走り納めレースは13チーム50名が参加。
13.12.29.00.jpg
MAVICチーム2チームにナカザワジムJシリーズXCライダーがリーダーとなり、抽選でチームメンバーを選抜した8チームに親子チームが1チーム。そして今当店で一番勢力を伸ばしているSSチームが2チームで2時間走りました。
写真ヒデさん


13.12.29.04.jpg
MAVICブース前でシングルスピードをアピールするSSパーチーム。
かなり空気読んでいません(笑)
写真ヒデさん


・・・ということで、スタート!
13.12.29.02.jpg
写真ヒデさん


ホールショットはお約束のライム
13.12.29.03.jpg
写真ヒデさん


グラファイトデザイン@鈴木さんも自身が開発に携わったDOKKEで走ります!
13.12.29.11.jpg
写真ヒデさん


一周1キロちょっとのシングルトラック中心のコースは高低差こそあまりありませんが、細かなターン&アップダウンでトレイルライドの基本が学べるコースレイアウトでとっても楽しい!
13.12.29.06.jpg
グラファイトデザインのテント下を通過して選手交代ピットに帰ってきます。
まだファーストラップなのにSSパーチームのリーダーは早くもガッツポーズ! なぜ??
写真ヒデさん


選手交代はタッチで
13.12.29.07.jpg
ゼッケンは紙皿!チームリーダーによるオリジナリティあふれる?手書き!
写真ヒデさん


計測はヒューマンパワー。
13.12.29.08.jpg
帰ってきた選手が自分でチェックします(正しいの字がぶれているもの多数 笑)
写真ヒデさん


MAVICブースではCROSSMAXシリーズを中心にテストホイールをレースで使わせてもらえました!
13.12.29.11a.jpg
写真ヒデさん

私はマイDOKKE AMでレースに参戦。
13.12.29.11b.jpg
MAVICスタッフさんにマイSTホイールのチェックとエアーアツを再調整をしてもらい、コースイン!
写真ヒデさん


いや~ 楽しいコースに楽しいバイク!!
13.12.29.05.jpg
AM(オールマウンテン)ということで140mmトラベルのフォーク装着の日本の山を楽しく走るために作られたDOKKE AM。
下りでとても心地よく走れるバイクなのですが、開発コンセプトが自身の足でしっかりと山を登り、トレイルを安全に楽しく下るために作られているので、アグレッシブ度は低いですが地味にテクニカルなこのGDTTではかなり扱いやすく、良質なカーボンということもあってかなり軽快に走れました。
XCだともっと早く走れたかなと思いますが、この日はGDTTのシングルトラックを楽しむモードだったので、AMで正解!
写真ヒデさん


13.12.29.25.jpg
グラファイトデザインカーボンフレームの優れた反応性がトレイルでキレの良い走りを約束してくれます!
写真ヒデさん


レースはアットホームな中にも、Jライダー、トレイルライダー、キッズ、みーんな関係なく、それぞれに頑張って走ります。
13.12.29.10.jpg
XC・DHダブルエリートのレオナ君も遊びにきてくれました。
写真ヒデさん

13.12.29.26.jpg
スタート前のミーティングでも話しましたが、抜くか抜かないか? どう抜くか?は人間性に委ねられました(笑)
写真ヒデさん


13.12.29.16.jpg
写真ヒデさん



13.12.29.13.jpg
CURTIS@ドイさんもT45 29erXCの伸びやかな加速感を楽しんでいたようですね~
写真ヒデさん


13.12.29.14.jpg
こちらはCURTISのシングルスピードに乗るクロ先生。
最近は西多摩マウンテンバイク友の会中心メンバーとして、フィールド作り・維持活動に地域活動と「次に繋ぐ」事を頑張っていますが、ひとたびバイクに乗ればご覧の通り!
写真ヒデさん


13.12.29.20.jpg
KeiもJシリーズの怪我から復活の兆しが見えてきました!
写真ヒデさん


13.12.29.15.jpg
MAVICチームはA・Bに分かれての社内ガチンコ対決!
仕事も遊びも本気な皆さんからはいつもいい影響を頂きます。
写真ヒデさん


13.12.29.09.jpg
ユルくやるつもりでも、チームメイトのために辛楽しく頑張っちゃうんですね~
写真ヒデさん


13.12.29.17.jpg
みんなそれぞれに頑張った2時間。無事に走り切りました。
写真ヒデさん


最新鋭計測機器によるリザルト
13.12.29.19ochi.jpg
やはり正しいの文字が歪んでいます(笑)
写真オチアイさん



お昼はド定番の具だくさん豚汁!
13.12.29.18.n.jpg

身も心も温まったところで、午後からはフリー走行&グラファイトデザインバイク試乗会にMAVICテストホイール!

MAVICテストホイールの一番人気はエンデューロホイール!
13.12.29.21.jpg
ご注文ありがとうございます! ・・・・か?(笑)
写真ヒデさん


グラファイトデザインはDOKKE XC、DOKKE AMに加えて、シクロクロス車のWROCCAをみんなで試乗~
1390530_641526175904638_1457628466_n[1].jpg
日頃乗ったことがあまりない、クロス車のWROCCAはみんな興味津々!
ご注文ありがとうございます! ・・・・だといいな。(笑)
写真もち


親子でDOKKE AMとXCを堪能中~
13.12.29.22.jpg
写真ヒデさん


GDTTはほとんどダートを乗ったことがない子も楽しめちゃう感じ。
13.12.29.23.jpg
こういったコースが常設になるといいな~。
写真ヒデさん


みんなで頑張りつつも楽しみまくった一日。
協力して下さったグラファイトデザイン様、MAVIC様、ミューズパーク様、ありがとうございました。
13.12.29.24.jpg
参加&お手伝いいただいた皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました!







GDTT走ってきたよ~! [GRAPHITE DESIGN]

昨日の定休日は秩父のグラファイトデザインさんのテストトレイルのGDTTを走らせてもらってきました。
ブログCIMG1652.jpg
マイDOKKE AMと!


参加メンバーは私以外には当店のお客様にトレイルストア@ワダさんとグラファイトデザインの鈴木さん。
ブログCA3I1013.jpg


秩父ミューズパーク内に作られたGDTTは落ち葉サックサクのシングルトラックがクネクネしたとっても楽しいコースでした!
ブログ1457693_565104193564392_1069051650_n[1].jpg
(通常はコースクローズになっています。あくまでも現在はグラファイトデザインさんのテストコース・イベントこーすとなっていますの注意ください。)


グラファイトデザイン鈴木さんにはコースガイドをしていただきつつ、グラファイトデザインのバイクの特性、そしてこだわって作り上げた楽しいバイクについてお話ししていただきました。
ブログCA3I10080004.jpg


ワダさんは仕事モード?遊びモード?
ブログCA3I10070002.jpg
たぶん遊びでしょう!(笑)


DOKKEがリズミカルで走れる、パーク内に作られた細かく変化に富んだシングルトラック中心のGDTTコースはまるで里山の面白いところがギュッと詰まった感じ。今後の展開が楽しみです!


コース内にはちょっとしたチャレンジングな上りもあったりします。
ブログCIMG1674.jpg


もちろん私も頑張って上ります。
ブログCIMG1662.jpg
インナーでもセンターでも上れましたよ~


グラファイトデザインの会社がある秩父のトレイルを中心に、トレイルライダー達が日本の山でテストして作り上げたDOKKE。
自走で山を登り、そして下りを楽しむために作られたこのAMモデルのヘッドアングルは68.5°で、Mサイズの私のバイクには140mmフォークに推奨ではないアウトセットのキングヘッドがついていて、より下りを楽しむ設定にしていますが、写真のような急斜面の上りでもいいところに乗ってあげると上れちゃったりする優れモノバイク。
70mmという短めのステムに740mmのワイドバー、そして26インチホイールということで上りの際に軸が意識しやすく確実に上りやすい。
これが日本のちょっと斜度がきつくてタイトなところにはいい感じ。(バーは710か720でいいかな?)
もちろん、日本の山で遊んで、下って、作ったバイクですから下りが楽しいのは言うまでもありません!



この日はサドルを新調してみました!
ブログCA3I10120002.jpg
フィジークのVitesse
レディスモデルですがこれが私のお尻にピッタリ!
適度なクッション感がありながら、足を自然に下すことができてペダリングしやすく、急斜面で前乗りした時もいい感じ。
アップライトポジションになるAM系との相性が良いのかも。


いや~楽しいぞGDTT! そしてDOKKE AM!
ブログCIMG1659.jpg


ブログCIMG1676.jpg
26インチバイクを存分に楽しんだライドでありました!


そうそう、只今グラファイトデザインのテストハンドルバーキャンペーンを実施しています!
私のDOKKE AMだけでなく、ROCKYMOUNTAIN VERTEX&CURTIS29erSSにも以前から使用していて、特にシングルスピードのCURTISには、もうこのハンドルがあってこそのA&F24時間耐久での3位表彰台だったと思います。(なぜかは店で聞いて下さい 笑)

RIZEN6  6mm3°アップ、9°バック
RIZEN13 13mm6°アップ、6°バック
RIZEN22 22mm4°アップ、5°バック

以上3アイテムのテストが可能です。
ご自身のバイクに取り付けてトレイルライドしていただいて結構です。
気になる方はお店で相談して下さいね!
もちろんDOKKE AMも試乗できます!
・・・ということで、店内在庫中のDOKKE AM Sサイズの旧タイプロゴをGDTT走った記念でセールしちゃいます!(笑)
税込199500円を178000円で!


こういったお店の情報はFACEBOOKのナカザワジムショップページを「いいね!」して頂けると、タイムリーな情報をアップしているのでよろしいかなと思います!
ぜひともよろしくお願いいたします。



DOKKE AMは日本の山バイク [GRAPHITE DESIGN]

先日の16日土曜日は西多摩マウンテンバイク友の会が手掛けている場所でDOKKE AMを乗ってきたのですが、このバイクはまさに自走で山まで行き、山の中では細かいテクニックを使って遊ぶのに楽しいバイクだと再認識しました!
ブログCA3I0143.jpg


西多摩ローカルではあまり活躍する場面がないアジャスタブルポストですが、こういうバイクにはやっぱり入れておくべきでしょう(笑)
ブログCA3I0500.jpg
雰囲気出るしね(笑)


とはいいつつも、昨年末の12月27日に小川さんところのジャイアンツアーにお邪魔参戦したときには大活躍でした!
ブログCA3I0515.jpg

小川さんのパワー強すぎてトレイルが光に包まれていました!
ブログCA3I0517.jpg


DOKKE AMは下りやすい~!
ブログ65187_522838161073494_2107805247_n[1].jpg
画像はblssのFBから

ブログ184574_522836284407015_1109273709_n[1].jpg
シートポストも下がるしね(笑) 
楽チン楽チン~♪
画像提供blss


あまりに楽しくて、撮影してくれたガイドのジャイアンに吸い込まれた!
ブログ528745_522837934406850_1173640887_n[1].jpg
画像提供blss


ブログ533772_522838007740176_1842899667_n[1].jpg
ハンドルバーはグラファイトの740mm
ちょっと広いかな~ 上半身がロックぎみになるのでDOKKE AMには710mmが良さげ。
画像提供blss

Jシリーズの会場やトレイルでご一緒する方々とのライドはとても楽しかった!
ブログCA3I0523.jpg
小川さんをはじめ、チームの皆さんにジャイアン&京ちゃん、あらめてありがとう。
去年の写真ですが、見返していたら今すぐにでも長瀞へ行きたくなっちゃた。

ちなみにDOKKE AMのタイヤはこんなのを使っています。
ブログCA3I0521.jpg
フロント

ブログCA3I0522.jpg
リヤ

スペシャライズドのややワイドでエアボリュームがありつつも軽いチューブレスレディのタイヤですが、ブロックがしっかりしているのでどこでも万能~みたいな感じ。
前後違うタイヤを組み合わせています。(二輪工房佐藤さんオススメ組み合わせで~)
どんなフィーリングかは店で聞いてください(笑)


・・で、話は戻って土曜日。

ブログ480313_344789738974459_2048250048_n[1].jpg
キッズに稽古をつけてもらっています!
画像提供スミサキ氏

西多摩ローカルでもアジャスタブルポストを作動させた!(笑)
ブログ734355_344789992307767_252001892_n[1].jpg
画像提供スミサキ氏

でもって、ちょっとだけDOKKE AMの印象を(FBで書いたのをそのまま載せてますが・・)

この手の5~6インチフォークがつくハードテールバイクって鉄フレームが多くて私も所有していたりしたのですが、ライディングの際に鉄バイクはタメからの伸びがあって、それがなんとも楽しくて気持ち良いのです。

対してカーボンのDOKKE AMは軽さとバランスの良い硬さが「キレ」のある走りを手助けしてくれます。
下りセクションでは剛性バランスの良さもあって、どんどんスピードが上がります。
もちろんハードテールなのでリアは跳ねますが、失速することなく前方向にバイクはちゃんと進んでいきます。
…で、私のDOKKE AMは基本セットのゼロスタックのヘッドから下ワンがアウトセットのキングに換えてあって、ハンドリングが下り遊びにいい感じになっています(自分比)
DOKKE AMはピチッと乗ってあげると、ピンピンに心地良いスピード感が得られるので、面白いです~
もっともっとスムーズに上手く走れるようになりたいので、地味練をしていかなくては~

っと、FBにあげた文章に少しだけ手を加えてみました(笑)


DOKKE AMはもちろん店にて試乗可能!
フレームもファーストジェネレーションのロゴデザインのAMのSサイズを在庫してます。


ブログCA3I0190.jpg
DOKKEはダートで見た方がやっぱりカッコイイね!


DOKKEな定休日作業デー [GRAPHITE DESIGN]

一昨日昨日の定休日作業デーはそこそこMTBに乗って、そこそこ働いて、夜は都内でライダーの事をバックアップしている会な方々とミーティング的な飲み会に参加。
いつも通りのマウンテンバイクな休日でありました(休日じゃないか? 笑)


19日水曜日は夕方になってようやく休みっぽい時間ができたので、夕暮れソロライドへ。
CA3I0402.JPG
LIGHT&MOTIONのバッテリー充電はUSBで~ 仕事をしながらチャージです! 
ヘルメットはこの場所に置いてませんが参考までに(笑)


横田ベースにも灯りが。
ブログCA3I0403.jpg


この12月はとっても日が短いので、17時を過ぎるとかなり暗くなります。
ブログCA3I0406.jpg
富士山はどの時間に見てもいい!



木曜日は出張修理があり、その帰り道にちょっと寄り道。
ブログCA3I0413.jpg
午後の柔らかい日差しの中、少し休憩。


ゆる~いペースで家路へ
burogu CA3I0416.jpg


柔らかい空気感の中のゆるライドとは反対に、店に戻ったらオイルプンプンな空気感の中で作業です。
ブログCA3I0418.jpg
プンプンしてます。

ブログCA3I0419.jpg
サスペンション復活への道です。


この時期は愛車リフレッシュな時であります。
みなさん、御相談下さい。

・・・といいつつも、トレイルは今が最高な季節。
お願いですから、西多摩には雪は降らないでください。
降って積ってしまうとそのあと走りに行きにくくなります。


やっぱり先日の「多摩湖を楽しむ ゆったりサイクリング」の時のような雲ひとつない青空の下で走りたいですから~

そういえば、多摩湖サイクリングの模様が 公園便りにアップされていました


そして自転車に乗るときにはヘルメットをかぶりましょうって事で、2013年のBELヘルメットが入荷してきています(ちょと強引な展開~)
ブログCA3I0422.jpg
アーバンヘルメットのMUNI 税込9450円
里山ライドなんかにもいい感じですね。


こちらはトレイルライダーの支持が高いSEQUENCE
ブログCA3I0423.jpg
税込13650円

ブログCA3I0424.jpg
ニューカラーのタトゥーフラッシュ

ブログCA3I0425.jpg
どんなデザインなのかはお店で見てみてくださーい!


またまた唐突にですが・・・


ブログCA3I0415.jpg
ディスクローターって影で見る方がカッコいいと、寄り道ゆるライド中にひとりで感心してました~


DOKKE AMはいつでも店にて試乗可能です。
またFOXのアジャスタブルポストのDOSSも触ってみてくださ~い!

GRAPHITE DESIGN DOKKE AMはやっぱり日本の山バイクだった~ [GRAPHITE DESIGN]

ということで、前回の続きであります。

バイクを設計する際に誰がどこの山でどう走ったか?という事がとても重要なのは言うまでもありませんが、このDOKKEは秩父の山を中心に、私が今まで走ってきたシーンに近いところで走ってつくられたバイクという事でとても親近感があり、興味津々でありました。

普段の朝ライドで走っている店のそばのトレイルから少し離れて、ある程度上ってから下りが少し長めなところへ走りに行こうと、定休日作業デーに午前中ガッツリ仕事を片づけて、11時30分過ぎに五日市スタート。
ブログCA3I0334.jpg
社長と二人で長めのランチタイムライドです。


カーボンフレームの日本のAM系バイクのDOKKEは自走で山を登る事が苦にならない性格のバイクです。
ブログCA3I0335.jpg
140mmがつくAM系ハードテールだと鉄のバイクがたくさんありますが、それらと比べて、圧倒的にアプローチの道が楽!
私は基本的には自走なので、まずはこれがとてもありがたい(この日は時間がなくて、集合場所まで車で行ってしまいましたが・・笑)


途中から29erカーボンレーサーの社長に前をひいてもらいオンロードの上りをいきました。
ブログCA3I0338.jpg
うーんクロカンバイクみたいに楽に走るな~
もちろん斜度がきつくなってきたらクロカンバイクのようなスピード感では上れませんが、明らかにAMと名のつくバイクの中では楽でしたね~

オンロードの上りはどんどん斜度がきつくなってきたのでフロントフォークのストローク調整機構を使ってストロークを縮めて登りたかったのですが、リモートレバーのプラスチッククランプ部分が組み上げる前から破損していたので140mmのまま超体幹トレーニング並みに体に効く形で登りました(汗)
そして半端ない傾斜になり、DOKKEフレーム&CROSSMAX STホイールは軽くいきたがるのだけれどいかんせん前が押さえられないってことで、フロントフォークのエア圧をかなり落としてストロークが縮んだ状態にしてGO!(あまりお勧めできませんが)
半端ない斜度の道を上った後は林道の上りです。
このころになるとバイクはいいんだけれど、あとは本人の問題じゃんって世界に(笑)


ブログCA3I0342.jpg
上ってきた林道を眼下に見ながら登頂でございます~


ランチ前に撮影~
ブログCA3I0339.jpg
ここから先のルートがDOKKE AMの真骨頂!

安心感のある強さを持ったDOKKE AMはまさに日本の山遊びにピッタリな感じ。
ブログCA3I0345.jpg
FOXアジャスタブルポストのトレイルモード(上りモードより40mm下)が、このDOKKE AMで下るときにナチュラルなハンドリングで狙ったラインを走れて好印象!
急斜面で体の位置を後ろにもって行かなくてはならない時にDESCENDポジションにしましたが、たいていの下りはトレイルポジションの方がバランスが取りやすかったです。

DOKKE AMは石や木の根を乗り越えつつターンしたりするときにもクロカンバイクとは違った安心感とバイクの動かしやすさがありました。
またプッシュをした時の加速は出来のいい鉄のバイクのような発射していく感じではありませんがナチュラルに立ち上がっていくので、ちょっとタイトな山サイでは程よくいい感じ。
そしてバイクの絶対的な軽さがあるので、ひと漕ぎ・ひとアクションが入れやすいのはありがたいですね~

最近のDHバイクのエッセンスが入ったフルサスモデルだと山では速すぎたりしちゃうのです。もちろんこれはこれで楽しいですが(笑)



イイ感じの時間が流れていきます~
ブログCA3I0344.jpg


楽しいライドができたこの日。次回はタイヤをもう少しエアボリュームのあるものに換えて走ろうかと思います。
ブログCA3I0347.jpg
クロカンバイクから日本の山遊びトレイルバイクとして作られたDOKKE AMは、自走スタイルの山ライダーにピッタリな1台でありました。
ほんと狙った剛性バランスをだせるカーボンフレームのDOKKEは現代版山サイバイクだな~と。


五日市でのライドの締めは山猫亭さんの紅茶&ケーキでしょう~
ブログCA3I0348.jpg
チャイとアップルパイが沁みた~♪


ちなみにこの寒い時期のライドに欠かせないのは、スポーツバルム!
ブログCA3I0322.jpg
気温や状況に応じてラインナップされているので、絶対お勧め~(絶賛発売中)


もちろんDOKKEはいつでも試乗OKですし色々お話しできる事があるので、興味がある方はご来店くださーい!


西多摩ローカルで楽しくなるバイクがまた一台~! [GRAPHITE DESIGN]

現在発売中のMTB日和VOL13では27.5インチバイクのインプレッションをしましたが、ひとつ前の号のVOL12でインプレしたGRAPHITEDESIGNのDOKKE AMが西多摩ローカルで乗りこんでみたいし、ある程度の距離を自走で登って、下りを楽しむようなローカルにはない大きな山で乗ってみたいなと思っていました。

・・・という事で~



ブログCA3I0314.jpg
GRAPHITEDESIGNのDOKKE AM
100mm~140mmストロークのフォークを装着して走れる「日本のバックカントリーバイク」は、なんとフレーム重量1300g! 税込価格199500円


組んでみた!

ブログCA3I0323.jpg
コンポ&ブレーキはXT ホイールはMAVIC CROSSMAX ST
ステム&ハンドルバーはグラファイトデザインで、ステムは70mm・ハンドルバーは13mm6°アップ、6°バックの740mm幅を720mmに。

タイヤはFレンズ・Rクロスマークにフロントフォークは2011モデルのSRエピコン。
この二つは手持ちのもので使っていなかったもの。
取りあえずつけてみて、今後交換してバイクの印象がどう変わるか比較してみようかなと。
タイヤはエアボリュームのある2.2~2.3で軽めのチューブレスレディ仕様にして、フォークはエピコンの2013がだいぶコンプレッションがしっかりしてきたような話も聞くので使ってみたいかな~
でもやっぱり定番のFOXかロックショックスかな?


・・・で、シェイクダウンは9日(日)でした。
ブログCA3I0315.jpg
この日は私と同様にシェイクダウンのYJMさんのバイクはROCKYMOUNTAIN ALTITUDE。こちらはカナダで走りこまれて作られたバイク。
お互いに楽しみな一日でありました!

そうそう 遂に私もアジャスタブルシートポストを導入です!
ブログCA3I0321.jpg
FOX D.O.S.Sの5インチモデル
アジャスタブルシートポストなのにシートクランプがクイック式なのは、初めからついていたものですからとりあえずそのままで~(笑)


まずはそれなりにトレイルに馴染ませるようなペースで走っていると、AST@タカヤマさん御一行が~
ブログCA3I0318.jpg
もちろん合流でございます。

トレイルライドが大好きな皆さんと心地よくDOKKEを走らせました。
ブログ12.12.9dokke.jpg
画像はAST@タカヤマさんから(感謝)
いや~ 楽しい朝ライドができました!
みなさん、ありがとうございました。



そして今日の12日(水)の定休日作業デーでは午前中の仕事を片づけて、昼前からちょっと大きめの山を走ってきました~!
ブログCA3I0342.jpg
さて、DOKKE AMの本領発揮な山サイではどんな感じで走るのか?

その話はまた次回に~(笑)

もちろん楽しめたのはいうまでもないです~







GRAPHITE DESIGN ブログトップ